仕事運を上げる!仕事部屋の風水まとめ

desktop

仕事や勉強を頑張っても結果がついてこない。
努力が報われないように感じる。

そんなお悩みの方は、もしかして、仕事部屋が運気を下げているのかも。
部屋の運気が悪いと頑張っても結果に結び付きにくいと思います。

仕事部屋のチェックポイントをまとめたので、
あなたの部屋も当てはまってないか確認してみてください。

1.机が窓に向かっている

どうしても仕事や勉強に集中できない。
それは机の向きが悪いのかもしれません。

机が窓に向かって置かれている場合、仕事に集中できないと言われています。
これは風水的な考えでもそうですし、窓って向こう側が気になる存在ですよね。
窓が視界に入ると、カーテンが閉まっていても向こう側はどうなってるんだろうと
気になってしまうのではないでしょうか?

 

机は壁に向かって置きましょう。
また、文房具に金や銀の金属質なものを使うと集中力もアップしますよ。
机の配置と併せて、運気アップを狙ってみてください。

 

2.仕事部屋の本棚が散らかっている

本棚は部屋の所有者の頭の中を表すと言われています。
本棚が散らかっていると頭の中もゴチャゴチャになっているのでは?

仕事の段取りもうまくいかなく、新しいアイデアも生まれにくくなってしまいます。
本棚が散らかっていれば、キレイに整理整頓しましょう。

自分的には本棚がキレイ!と思っている場合でも、本をパンパンに詰め込んでいる人がいます。
本をパンパンに詰め込むのもNGです。頭の中がパンパンだと新しい情報は入ってきませんよ?

思い切って古い本は処分してしまいましょう。
送料無料で本の買い取りをしてくれるサービスもあるので、
使ってみると便利だと思います。

私がお世話になっているところは、依頼するとダンボールを送ってくれて、
本を入れて送り返すだけでしたのでとても便利でした。
買い取り額も即日入金してくれたので、オススメです。

買い取り城下町はこちらです。↓

 

3.昔の書類が目のつくところにある

仕事や勉強は集中して大きな成果を出せます。
仕事や勉強に関係のないものが多いと集中力を欠いてしまいます。
出来る限り、不要なものは整理して集中できる環境を作りましょう。

見落としがちなのが、過去の書類です。
今の仕事とは直接関係ないのなら、捨てる。
必要になる可能性があるなら、ファイリングして保存しておきましょう。

昔の書類は過去の記憶を蘇らせ、過去に囚われる危険性があります。
とくに、いい結果を出せなかった仕事の書類はネガティブなイメージがついて回り、
仕事運を落としかねません。

 

以上。あなたのお部屋は当てはまっていませんでしたか?
できるところからで結構なので、集中できるお部屋にしてみてくださいね。
モコモコでした。

 

 

広告

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ